お墓が建てられる場所

お墓が建てられる場所ってもう決まっているの? - お墓を建てられる場所は決まっている

お墓を建てられる場所は決まっている

お墓を建てる時と言うのは一生にそう何度も無い事だと思います。
お墓を建てる際には、一般的には霊園や寺院等で探す事が多いと思いますが、もしも自分が山林などを所有していた場合に、自分の土地にお墓を建てると言う事は出来るのでしょうか。

■お墓を建てられる場所は法律で決められています

お墓を建てる事が必要になった時に、自分が沢山の土地を所有していたとしても、自由な場所にお墓を建てる事は原則出来ません。
と言うのも、遺体処置や遺骨埋葬方法等は、「墓地埋葬等に関する法律」と言うもので詳しく定められているからです。
いくら自宅の庭が広くても、山林等を所有していても、個人の自由でお墓を建てる事は出来ないのです。
お墓を建てる事が出来る場所は、都道府県知事の許可を受けている墓地だけになります。

■遺骨は法律上では埋葬場所が決められているだけです

法律上は、ご遺体は火葬が義務付けられていますが、遺骨については埋葬場所が決められているだけであり、遺骨を自宅に安置したり、寺院に預かってもらう等しても問題は無いとされています。
その為、遺骨の状態では絶対にお墓が必要になると言う事は無く、その後の管理は比較的自由と言えます。
このようにお墓を建てられる場所は法律で決められており、都道府県知事の認可を受けている墓地だけに限られています。
自宅の庭や所有する土地に埋葬したい場合でも、これらの問題があるので、事前に墓地として利用可能な土地かどうかを確認しておくと良いでしょう。
お墓を選ぶ時に忘れがちな事と言えば、お墓の管理状態やその他の条件などだと思います。
つい費用面や環境面に目が行ってしまい、お墓参りをする際に重要となる事柄に対してはうっかりしてしまいがちだと思います。
こうした部分をチェックする時にはどのようなものがあるのでしょうか。

■共有部分の管理状態をチェック

お墓の管理状態と言うのは、主に共有部分を見ればわかると言われています。
共有部分の掃除や除草等が綺麗に行われているようであれば、そのお墓の管理体制は整っていると判断しても良いでしょう。
水桶や柄杓など備品の有無も確認しておくと更に良いと思います。

■管理費も適正価格であるかどうかをチェック

お墓を選ぶ時には永代使用料の方に関心が集まると思いますが、管理費についてもチェックしておくと良いと思います。
管理費や供養料等は、特に初めてお墓を建てる場合にはうっかり見落としがちな部分でもあるので、適正価格であるかどうか、相場に合った金額であるかどうかをチェックすると良いでしょう。

■寺院の場合は宗派もチェック

お墓の種類によっては寺院墓地である事も珍しくありません。
その為、寺院墓地を選ぶ際には宗派をチェックしておきましょう。
条件が良いからと言って宗派の違う寺院墓地を選択しても、後々トラブルになりかねませんので、忘れずにチェックする事が必要になる部分だと思います。
このようにお墓を選ぶ際に忘れがちな事は、いくつかあります。
うっかり見落とす事の無いようにしたいものです。
お墓や霊園をお探しの方、霊園探しなら渋谷なんてどうでしょう?

Copyright(C)2015 お墓が建てられる場所 All Rights Reserved.